Press "Enter" to skip to content

日常生活とアミノ酸

目覚め

私たちが日々送る生活の中で、アミノ酸はどうのように関わっているのでしょうか。ここでは日常生活の具体的な場面におけるアミノ酸の役割を見ていこうと思います。

みなさんが毎朝目覚めたとき、妙な疲労感が残っていたりしませんか。原因は色々考えられますが、それはアミノ酸不足のせいかもしれません。睡眠は量と質の両方を必要としていますが、通常重んじられるのは量(=時間)のほうで、質はあまり重視されません。しかし近年、「短時間でも質の良い睡眠を取ることが重要」という研究結果もあるように、リラックスした状態で深い眠りにつくことはとても大切です。トリプトファンなどのアミノ酸は脳内神経伝達物質の原料となり、鎮静効果をもたらして質の良い睡眠を提供するといわれます。人生の大半を占める「睡眠時間」の質には、アミノ酸の効果が大きく関わっているのです。

さて、さまざまな事情で睡眠不足のあなたが学校や会社へ行ったとします。授業中や会議中に眠くなったり、勉強や仕事に集中できなくなるかもしれません。ここでもチロシンというアミノ酸があれば、ノルアドレナリンやドーパミンを増加させて、あなたを覚醒状態にし、集中力を高めてくれるかもしれません。
(参考:アミノ酸の効果とは

とかくストレスが多いとされる現代社会において、気分や認識作用に改善をもたらしてくれるアミノ酸の役割はとても重要と言えるでしょう。

社会人であったなら、仕事上のお付き合いや接待の場において「お酒」を飲むコトだってあるでしょう。アルコールの分解を一手に担うのは肝臓という臓器です。我慢強く、大切な役割を果たすこの働きモノを守っているのはアルギニンが分解して発生するオルニチンなどのアミノ酸です。多くの人が肝機能に問題を抱える現代社会においては、これも重要なアミノ酸の仕事といえるでしょう。

あなたもいつしか年老いて、仕事もリタイヤし、孫との生活を楽しむようになったとき、自分自身や配偶者が、物忘れがひどくなったり、認知症を患うかもしれません。誰だって自分の身近な人間に「苦労」をかけたくはないものです。もし、あなたが日頃からセリンを意識的に摂取して「脳機能の健全化」や「老化の防止」を怠らなければ、少しでも長く健康な老後を送れるのかもしれません。

水を除けば人体の大部分はタンパク質で出来ており、それはすなわちアミノ酸のことです。生活の大部分においてもアミノ酸が果たす役割は重大であるといえるでしょう。